▲TOPへ戻る

 

明太子とたらこの違い
似ているようでちょっとした違いが・・・。

見た目は「たらこ」、スパイシーな辛い味がする「明太子」。まず「明太子」を製造するには、「たらこ」を製造する必要があります。
「たらこ」ですが、原材料は【すけとうだら】の卵巣になります。

すけとうだらは北太平洋に生息し、主な漁獲地域は日本海、茨城県以北の太平洋沿岸、オホーツク海、ベーリング海、カルフォルニア州沿岸までになっています。ただし、広範囲に生息しておらず、狭い特定の範囲に群れをなして回遊せず生息しています。
その漁獲産地は、日本産、ロシア産、アメリカ産の3エリアとなり、日本産とロシア産は海が面しているので、成長具合が似たり寄ったりとなります。
源では、成熟度が高いアメリカ産すけとうだらより取り出された卵巣を使用し、塩漬け加工して「たらこ」を製造します。

そして「たらこ」に唐辛子などを配合した源独自の調味液に漬け込み・熟成を行い、源の「明太子」を製造されます。
このように「たらこ」より「明太子」の方が、唐辛子辛い味付けになります。